不眠症を改善させるために|眠るぜ!ミッドナイト

Doctor (Internal medicine)

更年期障害の改善

更年期障害という言葉は、近年によって名付けられたものだと言えます。年齢を重ねることで精神的な部分や体に何かしらの障害が発生してしまうことが起こるのです。改善に向けて活動させていく必要があるのです。

...この記事の詳細を読む

治療法を知る

アレルギーによる鼻のムズムズは、非常に不愉快なものだと言えるでしょう。鼻水やくしゃみが止まらず場合によっては激しい頭痛を引き起こしてしまう事になる可能性も存在しているため、治療を行う必要があるのです。

...この記事の詳細を読む

精神的ストレス

メニエール病という病気は、近年になって発見されたものです。睡眠不足が続くことで、頭痛や目眩を併発させるようになってしまう事があるため、しっかりとした対策を行っていく必要があるのです。

...この記事の詳細を読む

呼吸が止まる

眠っている時に呼吸が止まる事を、睡眠時無呼吸症候群と呼びます。睡眠時に呼吸が10秒より長く停止することが頻発する場合には、この病気だと言えます。睡眠時の呼吸停止は非常に危険です。

...この記事の詳細を読む

不眠症のタイプ

池袋クリニックはがんを専門的に治療しています。また抗がん剤治療に抵抗がある人は無料相談をしてみましょう。

不眠症のタイプを知っておこう

不眠症とは、夜寝つきが悪かったり、眠りが浅く十分に睡眠がとれた感じがしなかったりという状態のことを言います。夜深い眠りにつけないため日中に眠気が生じることもあるため、注意力が散漫してしまったり、疲れが溜まりやすくなったりします。日本人は、5人に1人が不眠症と言われており、不眠症数は加齢と共に増加傾向にあります。 不眠症は、入民困難・中途覚醒・早期覚醒・熟眠障害の4タイプがあります。布団に入ってもなかなか眠れない、夜中に何度も目が覚める、起床時刻が普段よりも2時間以上早く目が覚める、睡眠時間のわりに熟睡感が得られなかったなど症状は様々です。これらの症状は同時に現れることもあるので、どのタイプに当てはまるか覚えておくと良いと考えます。

より良い眠りにつくためには

不眠症を引き起こす原因は、環境の変化や生活習慣、心・身体のトラブルなど様々です。普段の生活を見直すことで、不眠症が改善されることもあります。 例えば、カフェインの摂取を控えることです。眠気覚ましにコーヒーを飲むのはとても効果があると言われています。ですが、不眠症の方が就寝前に飲んでしまうと、寝つきが悪くなる原因となってしまいます。どうしてもコーヒーを飲みたい場合は少量を心がけ、就寝の3時間前までに済ませるようにしましょう。 カフェインの摂取を控えた方の多くは、不眠症が改善されている傾向にあります。カフェインはコーヒーだけではなく、お茶やココアなどにも多く含まれているので、注意して頂きたいです。約2週間ほどで効果が期待できるので、一度試してみるのも良いと考えます。

おすすめリンク