呼吸が止まる | 不眠症を改善させるために|眠るぜ!ミッドナイト

不眠症を改善させるために|眠るぜ!ミッドナイト

Doctor (Internal medicine)

呼吸が止まる

睡眠時無呼吸症候群の診断・治療を受けるために

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは、「10秒以上続く呼吸停止が、1時間に5回以上あった場合、もしくは7時間以上の睡眠で30回以上」あった場合という診断基準があります。ただ、自分の就寝中のことなのでなかなか自分で数えることは難しく、自覚症状が無い人もいるため潜在的には多くの睡眠時無呼吸症候群患者がいると考えられています。この睡眠時無呼吸症候群の診断及び治療を正しく受けるためには、呼吸器科や睡眠時無呼吸外来にかかる必要があります。忙しい人のためには自宅で簡易検査できる病院もありますが、詳しく検査するには一晩泊って検査をするのが一般的です。もし睡眠時無呼吸症候群ということになりますと、定期的な通院が必要となりますので、自宅や職場の近くで検査・治療のできる呼吸器科等を探すと良いです。

受診者の負担を減らすために

睡眠時無呼吸症候群の検査が自宅でできる簡易検査では、検査キットが送られてきますのでそれを装着して記録を取ります。この方法では、一晩入院する負担が軽減されるため、忙しい人に人気があります。一方、一晩入院した方が詳しく正確な検査ができるため、こちらの検査方法の方が主流となっています。病院側では検査を受ける人の負担をなるべく軽くするため、会社を休まなくても一晩で検査できる方式を提供しているところがあります。これは、仕事が終わった後病院へ行ってそのまま一晩検査をし、朝方そのまま出勤するという方法です。睡眠時無呼吸症候群を指摘される人のうち働き盛りの中年男性が多いということもあり、受診者の負担を減らすようにいろいろと工夫したサービスが提供されており、人気が集まっています。