不眠症を改善させるために|眠るぜ!ミッドナイト

Doctor (Internal medicine)

更年期障害の改善

若年性更年期障害とはどういうものか

ここ最近では、若い女性の間にも更年期障害の症状を訴える人が増えています。一般的に更年期障害は、閉経前に50代くらいの年齢層に多いと考えられています。ですが、近年では20代や30代で起こっています。 若い人に更年期障害が起こる原因は、仕事によるストレス、無理なダイエットが主な原因です。その他にも、過度に露出する服装で体が冷えてしまうことも原因です。 具体的な症状は、顔のほてり・手足の冷え、しびれ、動悸、めまいなどが起こります。その他にも、月経不順や月経異常なども見られます。それと、不安感や憂鬱感の増幅、不眠といった精神的な症状も現れます。若年性更年期障害の症状は、長く放置すると、なかなか治療が行えません。よって、早めに治療を受けることが大切といえます。

具体的な病院での治療方法

若年性の更年期障害は、すぐに病院で治療すれば完治することが可能です。具体的な治療法は、症状の軽い人の場合は漢方薬を使う治療が施されます。漢方薬を長期にわたって服用することで、体質改善を図ることができます。服用しても副作用もないので、安心して使用することができます。ですが、即効性がないために、気長に治療を行う必要があります。 その他にも、若年性更年期障害には鍼灸治療も行われます。鍼灸によって、体の自律神経を正常に促すことができます。鍼灸治療は、初めは週1、2回の治療を行います。 それで、治療を続けてある程度症状が落ち着いてくれば、月に1、2回の治療となります。定期的に鍼灸治療を受けることで、落ち着いた状態を維持できます。