精神的ストレス | 不眠症を改善させるために|眠るぜ!ミッドナイト

不眠症を改善させるために|眠るぜ!ミッドナイト

Doctor (Internal medicine)

精神的ストレス

早期発見早期治療が大切です。

めまいには、フラットする、ふらふらする、ぐるぐる回るの3つのタイプが有ります。 メニエール病は3つ目のタイプで30歳後半〜40歳前半に発症することの多く、精神的肉体的ストレスや睡眠不足が発症に引き金となることがあります。 突然の回転性のめまいにはじまり、耳鳴り、耳が塞がれた感じ、吐き気、嘔吐等の症状がおきます。めまいは30分から数時間続きめまいがおさまると他の症状も消えますがこれらの症状を放置しておくと悪化し難聴等を引き起こし完治が難しくなります。 この病は他に間違えられやすい症状もあり診断が難しいことから「めまい外来」やメニエール病を専門に治療してる医師の診断と治療を受けることが望ましい出えしょう。 近くにない場合は日本耳鼻咽喉科学会の専門医を探してみましょう。 メニエール病は早期発見、早期治療が鍵となります。

メニエール病との付き合い方

(1)めまいの予兆をみつけよう。 めまいが起きる前には耳鳴りや耳が塞がれた感じ、頭が重いなどの症状が現れます。「自分の予兆」みつけましょう。 (2)突然めまいが起きることを想定しておきましょう。 めまいが起きた時には手すりに掴まれるような場所を選んで歩く、高いヒールは避ける等めまいが起きた時のことを想定して行動しましょう。 (3)周りの理解を得られるように努めましょう。 職場で突然の発作が起きた場合、周りの方々の協力は不可欠です。 なかなか難しい問題ですが、病気についての説明をし理解してもらえるように努めましょう。 (4)「気にしない」を心がけましょう。 メニエール病は真面目で几帳面な性格の人がかかりやすい病気です。 まずは「気にしない」こと。 精神的なストレスについても医師に相談してみましょう。 (5)飛行機での移動に気をつけましょう。 メニエール病の患者さんは気圧の変化に敏感です。 飛行機に乗る予定がある場合は医師と相談しましょう。 (6)メニエール病のお薬 メニエール病は内耳の水ぶくれ(内リンパ水腫)が原因とされ利尿薬などが使われいます。 漢方には水毒という考え方があり水分代謝を元に戻すというお薬もあります。 漢方の併用を主治医と相談してみるのも良いかもしれません。